• HOME
  • 弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するメリット

離婚問題の解決といえば、弁護士への問い合わせということを思う方が多いのではないかと思います。しかし、最近は司法書士や行政書士も、離婚の相談を行っています方が一部います。

ネットなどを見ると、どの士業も同じに思えるような書き方をされている場合もありますが、
実際には、弁護士・司法書士・行政書士では、それぞれ離婚に関してできることは異なります。
3I4A6913-3.jpg

(法律で定められており、これ以外の範囲の業務を行うことは禁じられています)


弁護士 司法書士 行政書士

離婚相談


離婚協議書の作成

相手との交渉の代理
(140万以下の慰謝料請求のみ)
×

離婚調停の代理

× ×

家事裁判の代理

× ×

離婚裁判の代理

× ×

強制執行の代理

× ×


せっかく、司法書士や行政書士の先生に依頼して、離婚協議書を作成してもらっても、相手が従わず、調停や裁判になったら、関わってもらえない、というのは不安な気が致します。

また、全員がそうというわけではありませんが、司法書士・行政書士の中には、「もし交渉が決裂した場合にはどうなるのか」という観点からの検討が不十分ではないかと思われる場合もあります。最終的に交渉が決裂した場合には、離婚調停・離婚訴訟と進んでいきますが、裁判所での手続になった場合にはどうなるという点を見据えてから、交渉段階での作戦を立てて相手に要求するということが重要なのです。

最初から全てを専門家に任せたいという場合や、少しでも代理人としての活動を依頼する可能性がある場合は、弁護士に相談することをお薦めします。



新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ